2011年10月19日 (水)

絵本ソムリエ

こんにちは。Kaba's Famスタッフです。

たまには、スタッフのひとりごとなど書いてみようかなと。

最近、私は”絵本ソムリエ”などと勝手に名乗っています。

私は、絵本好きのあのスタッフです。(笑)

さて、”絵本ソムリエ”とは・・・?

絵本についてのお話や、紹介は今までもさせていただいていました。

図書司書の資格を持っていますが、なんとも堅苦しいし、言いにくい。「としょししょ・・」

そこで、ちょっとカッコ良く”絵本ソムリエ”なんて作ってみました。どうでしょう?^_^;

どのお子さんも、一人ひとり違います。

好きなもの、好きなことも違うし、当然絵本の好みも違います。

その子にあった素敵な絵本を紹介出来たらなぁと思っています。

ひろばにある約500冊の絵本。

さて、どれにしよう?と思ったら、ちょっと声をかけてみて下さい。

現在は、”絵本ソムリエ”として、Kaba'sホームサポートでも、色々なご家庭を訪問させていただいています。

ママたちと絵本のお話をするのは、とっても楽しく、ついつい時間が・・・。

そして、なんと”絵本ソムリエ”として、ラジオ出演もしています。

岐阜エフエム(80.0MH)、毎週土曜日、11時からの「ほのりんtime」という番組の中で、月に一度ですが、絵本の紹介をさせていただいています。

9月にはドキドキの初収録にのぞみました。

テレビと違って、顔が出ないから良いわぁ~と思っていましたが、最後に写真は撮られました。

なかなか、ラジオを聴く機会も減っているとは思いますが、機会があったらぜひ聞いてみて下さい。

もうひとつ、いつもひろばで子どもたちが絵本を「読んで!」と持って来てくれます。

これがまた、至福の時。子どもたちとの絵本の時間はとても楽しいです。

みんな、どんどん持ってきてねぇ~~~o(*^▽^*)o

2010年11月11日 (木)

冬が近づくと・・・

11月11日(木)

ひろばに「これ」が登場すると、冬が近づいてきたな~と感じます。

「これ」って一体、何でしょう???

残念ながら写真を撮ってないのでお見せできませんが・・・その正体は「洗面所の温風機」です。

ちっちゃくてコロンとしてて可愛いのですが、すごいパワーです。なんだか子ども達とにてますね。

小さくてかわいいんだけど、すごいパワー♪ どちらも私は大好きですhappy01ひろばで気づいたら、見てやってください。

(こちらもコンセントがささっていますのでさわると危ないです。除菌加湿器同様、お子さまが遊ばぬようにご注意ください。)

また、クリスマス商品も色んなお店に並び始めましたねxmas

もちろんショップKaba’s Famにも。よかったらショップやひろばでちょっとした冬探し、してみてください

あと。。。人気の会員限定教室募集を近々します。

クリスマス近いので・・・ロールケーキと・・・ロールケーキは1本丸ごとお持ち帰り予定です。

甘い香りとおしゃべりでリフレッシュしましょうshine

会員の皆様、近々届くメールをお見逃しなく(^^)

2010年9月20日 (月)

研修といえば・・・

先週もたくさんの方にご利用いただき ありがとうございました。

先週の火曜日は 一時入場制限をするほどでしたね。

たくさんの方が利用される中で,大きなトラブルなくやってこれているのも

みなさんの協力あってのことだと常々思っております。

ご協力に感謝ですshine

さて,

先日は講習会に参加しました~と報告いたしましたが・・・

色んなところで活動している方や活動したいと思っている方に

負けじと Kaba's Famのスタッフも 月に数回の講習会や会議への参加・・・。

実は・・・ひろば開催日以外にも研修に取り組んでいるんですよ☆

研修といえば・・・以前YYひろばで 研修を兼ねてスタッフ体験をされた方たちが

この9月に大野町でひろばをOPENしたので 先日,利用しに行ってきました。

そこは大野町の平和堂の1階にある「LITTLE STAR」さんです。

Sdscf6262

入口前には美味しそうなお菓子や雑貨などが並べてあり,

とっても落ち着いた雰囲気で素敵でしたよ。

Sdscf6268

スタッフの方も気さくな方たちで 滞在時間があっという間に過ぎてしまいました。

YYひろばと同じく 持込飲食可でフリードリンクです☆

気になる方は一度遊びに行ってみてください(^^)

2006年7月 6日 (木)

自分の気持ちと子どもの気持ち

5日、第2回子育てサポーター養成講座を受講してきました。

「子育ての悩みあれこれ」ということで、心理カウンセラー 古田富子先生のお話を聞きました。

その中で、心に残ったのが”私メッセージ”ということ。これは、前回の古川芳子先生のお話とも通じるのですが、例えば、おもちゃを片づけない子どもに

「かたづけなさい!」と頭ごなしに怒るのではなく

「お母さん、こんなに散らかってるのイヤだなぁ」と言ってみる。

私の気持ちを伝えるのだそうです。これって、なかなか難しいとこだと思うのですが、子どもの心を育てていく上では大切なことだそうです。

その他、2つの事例を使って、子どもの気持ちを大切にすることを学びました。

事例1フラフープの取り合い

2人の子どもがフラフープを取り合っています。

A「かして!」

B「いや!」

仲介する人、母親だったり、友達のお母さんだったりが、「ケンカしちゃだめ!」「手を離しなさい!」などと注意しても、お互い絶対手を離しません。

しかし、ここで「Aちゃん、かしてほしいんだよね。」「Bちゃん、イヤなんだよね」と2人の顔を見て話しかけます。すると、3度目くらいで2人とも手を離すのだそうです。子どもは自分の気持ちをわかってもらえたことで満足するのだそうです。

おもちゃの取り合いは、カフェでもよくあること。今度はこんな風にやってみようと思います。

事例2シャボン玉ちょうだい

Aちゃんは、シャボン玉液を持ってます。Bちゃんは、持ってません。そばにいるのはBちゃんの母親。

B「シャボン玉、ちょうだい」

A「ちょっとだけね」

Aちゃんは、Bちゃんにシャボン玉液を分けました。ここで、Bちゃんの母親は「こぼしたらダメよ!」

先生は、その前にまずAちゃんに「ありがとう」をBちゃんには「わけてもらってよかったね。うれしいね。」と声をかけましょうと言われました。

私は、こんな時子どもに「なんていうの?」とか「ありがとうは?」と言って、子ども(Bちゃん)にありがとうを言わせようとします。子どもに言わせる前に、自分が「ありがとう」を言わなければいけないのです。そして、わけてもらってうれしかったことを、Aちゃんにも、Bちゃんにも感じてもらうのです。先に言わせてしまっては子どもの心は育たないのだそうです。

古田先生は神戸の方で、時々関西弁をまじえながら、楽しくお話しされました。

うまく、文章に出来ませんが、自分の気持ちを大切にすると同時に、子どもの気持ちも大切にしてあげること。簡単なようで、難しいことだなぁと思います。

今回は、グループに分かれて話し合いながらの講義でした。同じグループには、パワフルなおばちゃん(おばあちゃんくらいの年代)の方がいて、私は圧倒されっぱなし。(^^;

次回は、このグループで各務原の「さわやか子どもセンター」という所に実地見学です。楽しみですが、ちょっと恐ろしいような。(笑)

2006年6月27日 (火)

雨の月曜日

私の娘がまだ1才児のころ、アパートの2階に住んでいたので雨の日はものすごく憂鬱だった。傘をさして、荷物と娘を運んだりするのがものすごく面倒くさくて、雨の日の外出は避けていた。昨日の「親子カフェ」はまさにその影響を受けたのか、ほとんど利用者がいなかった。スタッフは前週との違いに驚きつつ、「雨だからねー」と各自つぶやいていた。

そのうちきっと、雨でも行こう!雨なら空いているし!と思ってくれるママさんが出てくるといいなあ。

まったりとした月曜のカフェでした。

2006年6月16日 (金)

子育てサポーター養成講座

16日、ウッディさんと私、ひよりで、子育てサポーター養成講座の第1回目を受講してきました。

午前中は、岐阜県企画部次長 少子化対策担当 古川芳子先生の「少子化時代の子育て支援」という講義でした。

子育てサポーターとしてはもちろん、親としてもためになるお話しでした。キーワードとして「誰も完璧な人はいない」「人に繋がる力を耕す」「率直な自己表現」をあげてお話しされました。箇条書き程度ですが、心に残ったことを書きたいと思います。

・一緒に考える関係(並ぶ関係)になろう。

 つい子どもにも「早くしなさい!」「なんで出来ないの!」「ちゃんとしなさい!」などと言ってしまうけど、その前にちゃんと向き合い、一緒に考えることが大切。

・子どもは、母親1人で育てるものではない。みんなの力を借りて、みんなで育てる。

 地域の中で、育てることはとても大切なことで、口うるさいおばさんになることも必要。子どもを注意するのも、主語を自分において、相手の目を見てすると良い。石を投げている子がいれば、頭ごなしに怒るのではなく「あたると痛いよ」と言ってみる。

 また、地域の中で、子どもは人に繋がる経験をする。これが、少なくなったため、子どもの対人関係能力が退化している。

・自分の気持ちは自分のもの。

自分の気持ちを大切にすること。それを話すことも大切。誰かに聞くことは、決して迷惑なことではない。

サポーターとしては、共感的に話を聞くこと。聞かれることはうれしいことで、話してくれたことそのももを喜ぶ気持ちを伝えること。

約2時間のお話し。楽しくお話しして下さいました。

親子カフェでも、みんなで子育てする。子育てだけじゃなく、自分も育っていく。そんな気持ちが大切かなと思いました。

午後からは、参加者の自己紹介と、現在活躍しているサポーターの先輩のかたのお話しを聞きました。

大勢の前で、たった1分ですが自己紹介をしました。久しぶりに緊張。(^^;

先輩サポーターの話も、実体験に基づいているだけあって、参考になることがいっぱい。

久しぶりに1日頭を使ったようで、疲れました~。(笑)

この講座、6回まであります。頑張るぞ!!

2006年6月10日 (土)

育児8割が妻に集中!

厚生労働省の調査で明らかになった、子育ての実態に「育児の8割が妻に集中」という結果を見て、やはりなあ。という思いとまだこんなんかいな!という怒りとが混ざった気持ちになった。この分析にもあったが、夫の育児参加が少子化対策の鍵の一つと書いてあった。そのとおりだと思う。こんな結果が今頃出るのも悲しいケドよくぞはっきり申してくれたな!とも思う。今の日本は高度成長期の亡霊を追いかけているのではないか。実入りが少なくなったのに過労死してどうする!日本人は人が良いというか、なんというか…。

企業がパパたちに当然のように残業や休日労働を強いたことが少子化におよぼした影響は大きいんじゃないかと思う。

みなさんはどう考えますか?ウッディのぼやきでした。

2006年6月 7日 (水)

3歳児検診

スタッフの子どもたちは、皆平成15年の5月生まれ。

今日は、市の3歳児検診があり、みんなでお出かけ。

4月からは、それぞれ違う保育園に通うようになったりで、なかなかみんなが勢揃いすることがなく、今日は久しぶりに勢揃い。

みんなテンションが高いこと!(笑)

私、ひよりの娘、ユウキも待ち合わせは、11時半なのに、朝から早く行こうよ~を連発。ジーラさんとこのショーヤくんは、今朝は5時起きだったそうだし、子どもたちも気合いが入ってました。

ランチを一緒に食べて、検診会場に。広い部屋なので、走り回る走り回る。

とっても楽しそう!3歳の子どもだけど、やっぱりお友達は大好きなんだなぁと実感。

もちろん、私たち親も、カフェで顔を合わせているとはいえ、話は尽きないものです。(^^;

そして、私ごとですが、娘のあらたな一面を発見。

ウッディさんとこのメイちゃんが、保育園のお友達を見つけて、一緒に遊びはじめたのです。うちのユウキとは、違う保育園なので、ユウキは知らない友達。しかし、ユウキは、ちょっと遠慮がちながらもその輪にはいっていったのです。そして、一緒に遊びはじめました。自分で、新しいお友達を見つけたのです。

なかなかやるもんだなとちょっと感心したりして。ユウキも成長したなぁ。

どんどん、新しい友達を、自分の世界を広げていって欲しいなと思います。

(by ひより)

2006年5月29日 (月)

どっきどき

かばママ仲間のウッディです。ウド鈴木じゃござんせん。ブログ覗いて下さってありがとうございます。親子カフェもいよいよ本格稼動を控えて、皆の想いが交錯する今日この頃です。不安と期待が入り混じった気持ちというんでしょうね。

ここまで来たらやるしかないですからね。みんな、ガンバロウネ☆

2006年5月28日 (日)

準備万端?

もうすぐ6月。6月からは、いよいよ本格的に親子カフェ稼働!!

準備万端かと思いきや、子どもが熱を出したりトラブルも発生して、まだまだ問題もいっぱいあることがわかってしまいました。(^^;

まあ、準備段階にわかって良かったということで。

6月からは、広報活動も頑張って、1人でも多くの人に来てもらえるとうれしいなぁ。

(by ひより)

カテゴリー

  • 色々自主事業
  • 1)NPO法人山県楽しいプロジェクトって?
    活動の目的、定款など、法人情報です。
  • 2)おやこYYひろば
    山県市地域子育て支援拠点施設「おやこYYひろば」のご案内です。
  • 3)教室事業
    リズム遊び教室、ベビママ教室、身体リフレッシュ教室など、親子で楽しめるもの、ママがリフレッシュできる教室を開催しています。
  • 4)ママの再就職支援
    再就職を考えるママたちのために、相談会や、カウンセリングなどを積極的に行っています。
  • 5)SHOP
    おやこYYひろば内のシェアショップ。ママ作家さんたちの心のこもった手作りのものを販売しています。
  • 6)ぽっぽクラブ
    発達のゆっくりな子や、お友達とうまく遊べない子。そんなちょっと育てにくいなと感じるお子さんと、保護者が気軽に集える場所です。
  • 7)おすすめ絵本
    おやこYYひろば内には、未就園児対象の絵本を中心に、500冊の絵本があります。貸し出しも行っています。
  • 8)スタッフのひとりごと
    同じ子育て中のママたちがスタッフとして働いています。そんなママたちの独り言。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30