« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月21日 (月)

山県市 支援物資の受付開始されました

おやこYYひろばでは「募金活動」に限らせていただいておりますが

山県市では、岐阜県を通じて自衛隊を活用した支援体制が確立できましたので、

3月20日より 震災被災者への支援物資の受付を開始しています。

現在のところ水や毛布は充足してきています・・・・などと、状況は日々変化いたしますので

詳細は山県市役所のHP www.city.yamagata.gifu.jp/ にて確認をお願いします。

この震災が起こり、「早く何とかしてあげたい!何かしなくては!」と思われた方がほとんどだと思います。

そんな中、チェーンメールでの混乱や

支援体制が確立しないまま物資だけが送られてしまっている例もあるかと思います。

支援体制の確立ができて本当に良かったと思います。

現地で頑張っている方々のもとへ、様々な支援の手が少しでも早く届きますように。

おやこYYひろばでは引き続き、募金活動をしていきます。

引き続き ご支援・ご協力よろしくお願いします。

2011年3月14日 (月)

東北関東大震災募金について

おやこYYひろばでは、今回の「東北関東大震災義援金」の募金箱を設置しております。
募金箱は、送り先によって2種類あります。
①全国社会福祉協議会への災害ボランティアに対する義援金である
「中央共同募金会」への募金
②ひろば全国連絡協議会へ「被災地の子育て支援拠点を中心とした子ども・子育て家庭支援団体へ限定した義援金」としての募金(募金用途は後ほどHP等でお知らせします)
となります。
また、現在ゆうちょ銀行では、「中央共同募金会」、「日本赤十字社」、「宮城県災害本部」への募金を選択して募金できます。ただし、窓口だけでの受付です。
山県市役所、支所でも「日本赤十字社」への募金が可能です。
これから被災地では長い避難所生活が始まります。
その中でも乳幼児を持つ母親はとても不安な立場にあります。
ミルク、授乳室、オムツ替え、乳幼児の安全等。
プライバシーのない避難所での子育ては大変な困難が予想されます。
避難所生活でも「子育て家庭への支援」は行われ続けなければなりません。
東北で起こっていることが、明日は私たちのところで起こるかもしれません。
災害時にパニックにならないよう、日ごろから備えることも大切です。
そうした災害時の行動、考え方についての「冊子」もひろばに掲示しております。
ひろばにお越しの際は、ぜひご一読ください。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

カテゴリー

  • 色々自主事業
  • 1)NPO法人山県楽しいプロジェクトって?
    活動の目的、定款など、法人情報です。
  • 2)おやこYYひろば
    山県市地域子育て支援拠点施設「おやこYYひろば」のご案内です。
  • 3)教室事業
    リズム遊び教室、ベビママ教室、身体リフレッシュ教室など、親子で楽しめるもの、ママがリフレッシュできる教室を開催しています。
  • 4)ママの再就職支援
    再就職を考えるママたちのために、相談会や、カウンセリングなどを積極的に行っています。
  • 5)SHOP
    おやこYYひろば内のシェアショップ。ママ作家さんたちの心のこもった手作りのものを販売しています。
  • 6)ぽっぽクラブ
    発達のゆっくりな子や、お友達とうまく遊べない子。そんなちょっと育てにくいなと感じるお子さんと、保護者が気軽に集える場所です。
  • 7)おすすめ絵本
    おやこYYひろば内には、未就園児対象の絵本を中心に、500冊の絵本があります。貸し出しも行っています。
  • 8)スタッフのひとりごと
    同じ子育て中のママたちがスタッフとして働いています。そんなママたちの独り言。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30