« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

どうする 子ども保険?

第2回親子カフェイベント

どうする こども保険?

日時:8月21日(月) 午前11時~

場所:親子カフェ 多目的室

講師:ファイナシャルプランナー 折戸知美さん

参加費:親子カフェ利用料のみ

子ども保険は、親の万が一にそなえながら、子どもの教育資金の一部を計画的に積み立てるために利用する保険です。

子ども保険には、貯蓄性の高いタイプ、育英年金をプラスした保障性の高いタイプがあります。貯蓄性の高いタイプでも元本割れするものもあるので、注意が必要です。

この講座では、各保険会社の比較と選び方のポイントを専門家が分かりやすく解説して下さいます。

子ども保険、どうしよう?と悩んでいる方、ぜひ参加してみて下さい。

講座の間は、お子さんは隣の和室にて、スタッフがお預かりします。

申込みは、スタッフまで。

メールkosodatekaba@yahoo.co.jp 専用携帯でもOKです。

お名前、連絡先(電話番号またはe-mail)をお知らせ下さい。

申込み締め切りは、8月18日(金)まで

9月25日(月)には、第3回イベントとして、「おうちでできる子どもの簡単ヘアカット」を開催します。

プロの美容師さんが、子どものカットのコツを教えて下さいます。

詳細は、後日またお知らせします。

イベント情報について、早く知りたいという会員の方は、メール(パソコン、携帯どちらでも)のアドレスなど教えて下されば、案内を送信します。

2006年7月25日 (火)

大盛況のスリング体験会

7月24日(月)親子カフェ、第1回イベント、スリング体験会が16名の参加で行われました。

実は、10名前後を予定していたのですが、これはかなりうれしい悲鳴です。

和室は、満杯状態。おまけに、CCYの取材に、山県市の広報、さらには岐阜新聞や、中日新聞の取材も入って、あっちこっちにカメラマン状態。\(◎o◎)/!

GIFUスリングママの会の皆さんも、同じ小さなお子さんを持つママということもあって、参加者の方も、気軽にお話し出来たようです。

スリング体験会の詳しい模様は、 第1回イベント スリング体験会 をご覧下さい。写真も載せてます。

さて、初めてのイベントでスタッフもやっぱりあたふた。(^^; 参加者の方へのアンケートも用意していたのに、結局誰にも渡せず・・・不手際もいっぱいあったかなと思ってます。m(__)m また、次回頑張ります!!

そして、もうひとつ、今日は先日取材に来たNHKの放送日。

夕方から、NHKを見ながら、ビデオを撮りながら見ておりました。5分ほどでしたが、親子カフェの雰囲気は伝わったかな。そして、ダイエットせねばと痛感いたしました。(笑)

2006年7月16日 (日)

『どうぶつのおやこ』

どうぶつのおやこ
藪内 正幸画
福音館書店 (1966)
通常24時間以内に発送します。

ファーストブックにも良い絵本です。

文字はありません。犬、さる、クマなどの動物の親子の様子が、藪内さんのリアルな絵で描かれています。

実はこの絵本、私ひよりの娘の大好きな絵本でした。3歳になった今でも時々、読んでと持ってきます。

さるのページでは、赤ちゃんのさるがお母さんに抱っこされて、おっぱいを飲んでいます。このページを読むと、いつも”私も”というように抱っこをせがんできました。それがかわいくて、私も何度もこの絵本を読みました。(笑)

この絵本、文字がありません。文字が無いというのは、読み聞かせしにくいと思われがちですが、文字がない分、色んなお話しが出来ます。「いぬのあかちゃん、いっぱいいいるねぇ」「くまの赤ちゃん、たっちしとるよ」「ぞうさんの赤ちゃんなにしとる?」なんて具合に。自然に言葉かけが出来ます。

娘は、ごろんと仰向けになっているライオンの赤ちゃんを見ては、真似したり、きりんのページは縦長になっているので、ページを開くたびに「お~!」なんて歓声をあげたり、とにかくこの絵本ではたくさん遊びました。

気が付くと、私たち親娘とこの絵本の思い出話しになってしまいました。(^^;

絵本を選ぶとき、かわいい絵が好まれますが、こういうリアルな絵も子どもはとても喜びます。

2006年7月10日 (月)

カメラが来た!

今日は、NHKの取材がやってきました。カメラもです。

S_076 ←こんな感じで撮られてます。

頭の上のマイクが気になるんですよね。(笑)

午前11時過ぎにやってきて、午後1時半近くまで。スタッフのインタビューや、利用者の方のインタビュー。子どもたちの様子や、絵本を読んだり紙芝居をしたりしている所。ランチの様子も撮影されました。

さすがに、インタビューは、緊張ですね。利用者の方も、突然のインタビューに快く答えて頂いてありがとうございます。子どもたちもとっても協力的で、楽しそうに遊んでいる様子が撮れたのでは。

さて、放送は

7月24日(月)、夕方6時半からの「ほっとイブニングぎふ」の中で放送されます。

お見逃しなく!!

しかし、今日は、いつもにまして疲れましたぁ~。(笑)

2006年7月 8日 (土)

スリング体験会

第1回 親子カフェイベント

スリング体験会

日時:7月24日(月) 午前11時~

場所:親子カフェ、和室

講師:GIFU スリングママの会

参加費:親子カフェ利用料のみ

上記のように、親子カフェ、第1回イベントを開催します。

最近、よく聞くようになったスリング。スリングとは、新生児から2~3歳ぐらいのお子さんまでを抱っこ出来る抱っこ布のことです。

S_061

よく見かけるけど、使い心地はどうなの?

赤ちゃんは、大丈夫なの?

そう思っている方は、ぜひ一度体験してみましょう!

写真は、スタッフが体験しています。

スリングの中の赤ちゃんは、お腹の中にいたように、お母さんと密着しています。

たった1枚の布なのですが、色々な抱っこが出来ます。

また、GIFUスリングママの会の、手作りのスリングの販売もあります。

子どもは大きくなったけどという方、妊婦さんももちろん歓迎です!

お子様は、隣の部屋でお預かりします。

申し込みは、スタッフまで。

メールkosodatekaba@yahoo.co.jp 、専用携帯でもOKです。

お名前、連絡先(電話または、e-mail)、お子様の月齢(妊婦さんは何ヶ月か)、現在スリングを持っているかをお知らせ下さい。

締め切り7月21日(月)まで

8月21日(月)には、第2回イベントとして、ファイナンシャルプランナーによる「どうする?学資保険」を行います。

詳しくは後ほど。こちらもお楽しみに。

2006年7月 6日 (木)

自分の気持ちと子どもの気持ち

5日、第2回子育てサポーター養成講座を受講してきました。

「子育ての悩みあれこれ」ということで、心理カウンセラー 古田富子先生のお話を聞きました。

その中で、心に残ったのが”私メッセージ”ということ。これは、前回の古川芳子先生のお話とも通じるのですが、例えば、おもちゃを片づけない子どもに

「かたづけなさい!」と頭ごなしに怒るのではなく

「お母さん、こんなに散らかってるのイヤだなぁ」と言ってみる。

私の気持ちを伝えるのだそうです。これって、なかなか難しいとこだと思うのですが、子どもの心を育てていく上では大切なことだそうです。

その他、2つの事例を使って、子どもの気持ちを大切にすることを学びました。

事例1フラフープの取り合い

2人の子どもがフラフープを取り合っています。

A「かして!」

B「いや!」

仲介する人、母親だったり、友達のお母さんだったりが、「ケンカしちゃだめ!」「手を離しなさい!」などと注意しても、お互い絶対手を離しません。

しかし、ここで「Aちゃん、かしてほしいんだよね。」「Bちゃん、イヤなんだよね」と2人の顔を見て話しかけます。すると、3度目くらいで2人とも手を離すのだそうです。子どもは自分の気持ちをわかってもらえたことで満足するのだそうです。

おもちゃの取り合いは、カフェでもよくあること。今度はこんな風にやってみようと思います。

事例2シャボン玉ちょうだい

Aちゃんは、シャボン玉液を持ってます。Bちゃんは、持ってません。そばにいるのはBちゃんの母親。

B「シャボン玉、ちょうだい」

A「ちょっとだけね」

Aちゃんは、Bちゃんにシャボン玉液を分けました。ここで、Bちゃんの母親は「こぼしたらダメよ!」

先生は、その前にまずAちゃんに「ありがとう」をBちゃんには「わけてもらってよかったね。うれしいね。」と声をかけましょうと言われました。

私は、こんな時子どもに「なんていうの?」とか「ありがとうは?」と言って、子ども(Bちゃん)にありがとうを言わせようとします。子どもに言わせる前に、自分が「ありがとう」を言わなければいけないのです。そして、わけてもらってうれしかったことを、Aちゃんにも、Bちゃんにも感じてもらうのです。先に言わせてしまっては子どもの心は育たないのだそうです。

古田先生は神戸の方で、時々関西弁をまじえながら、楽しくお話しされました。

うまく、文章に出来ませんが、自分の気持ちを大切にすると同時に、子どもの気持ちも大切にしてあげること。簡単なようで、難しいことだなぁと思います。

今回は、グループに分かれて話し合いながらの講義でした。同じグループには、パワフルなおばちゃん(おばあちゃんくらいの年代)の方がいて、私は圧倒されっぱなし。(^^;

次回は、このグループで各務原の「さわやか子どもセンター」という所に実地見学です。楽しみですが、ちょっと恐ろしいような。(笑)

2006年7月 2日 (日)

紙芝居

S_055_2

親子カフェで、時々紙芝居を読んでます。

これがなかなかの好評!子どもたちは、大盛り上がり。

絵本は、家庭でも読む機会が多いかと思いますが、なかなか紙芝居を読んでもらうという機会は少ないのですね。紙芝居を出してくると、みんな集まってくれます。そして、必ず後ろを覗きたがるのです。(^^;

写真は、紙芝居に登場したへびの真似をみんなでしています。

これからも、楽しい紙芝居を見つけてきますね。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

カテゴリー

  • 色々自主事業
  • 1)NPO法人山県楽しいプロジェクトって?
    活動の目的、定款など、法人情報です。
  • 2)おやこYYひろば
    山県市地域子育て支援拠点施設「おやこYYひろば」のご案内です。
  • 3)教室事業
    リズム遊び教室、ベビママ教室、身体リフレッシュ教室など、親子で楽しめるもの、ママがリフレッシュできる教室を開催しています。
  • 4)ママの再就職支援
    再就職を考えるママたちのために、相談会や、カウンセリングなどを積極的に行っています。
  • 5)SHOP
    おやこYYひろば内のシェアショップ。ママ作家さんたちの心のこもった手作りのものを販売しています。
  • 6)ぽっぽクラブ
    発達のゆっくりな子や、お友達とうまく遊べない子。そんなちょっと育てにくいなと感じるお子さんと、保護者が気軽に集える場所です。
  • 7)おすすめ絵本
    おやこYYひろば内には、未就園児対象の絵本を中心に、500冊の絵本があります。貸し出しも行っています。
  • 8)スタッフのひとりごと
    同じ子育て中のママたちがスタッフとして働いています。そんなママたちの独り言。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30